女性

発症する女性が多い子宮筋腫|月経時の症状に要注意

やむを得ない場合の手段

カウンセリング

妊娠中に子どもを育てらないと判断した場合、妊娠中絶という方法をとることができます。大阪にある病院の中でも、資格のある医師がいるところでのみ手術をしてもらえます。

More Detail

赤ちゃんを育てる栄養素

妊婦

妊娠中に積極的に摂りたい栄養素はたくさんありますが、中でも葉酸は特に多く取りたい栄養素です。お腹の中で赤ちゃんを育てるために必要であり、お母さんの貧血解消にも役立ちます。

More Detail

妊娠を邪魔する病気

2人の看護師

女性だけが持つ子宮には、起こり得るいくつかの病気があります。数ある病気の中でも、子宮筋腫は発症しやすい子宮の病気のひとつです。子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできる腫瘍です。良性の腫瘍なので命に関わるような病気ではありませんが、様々な体調不良を引き起こす可能性があります。よく見られる症状としては、月経の際に経血の量が増えることで貧血を引き起こしたり、腰痛や月経痛が悪化するなどがあります。自覚症状がほとんどない病気なので、筋腫ができていることに気付いていない女性も多くいると言われています。経血の量が多い、月経の期間が10日以上続くなどの症状がある場合、子宮筋腫ができている可能性がありますので検査を行うことをおすすめします。子宮筋腫が見つかった場合には、筋腫の大きさによって様々な治療法がとられます。大きな筋腫の場合には、外科手術によって切除してしまうことが一般的です。そこまで大きくない筋腫の場合には、薬による治療がとられます。病院によっては体質を変えて症状を抑えるために、漢方薬を処方されることもあります。また、妊娠を希望している女性の場合、子宮筋腫があることで妊娠しづらくなっている可能性があります。子宮の内側がでこぼこの状態になってしまうので、せっかく受精しても受精卵がうまく着床できないのです。妊娠を希望する女性で、子宮筋腫を疑う症状がある方は早めに婦人科を受診することをおすすめします。

自然な妊娠のための活動

カウンセリング

妊活とは妊娠活動の略で、自然に妊娠しやすい身体に整えるための活動のことを指します。基礎体温をはかって排卵周期を把握したり、葉酸などの栄養素をしっかり摂るようにすることが基本です。

More Detail