微笑む女性

発症する女性が多い子宮筋腫|月経時の症状に要注意

やむを得ない場合の手段

カウンセリング

新しい命がお腹に宿るのは喜ばしいことですが、やむを得ない事情から子どもを育てることができない場合に行われるのが妊娠中絶です。妊娠初期であれば比較的簡単な手術で済むのですが、赤ちゃんが大きくなればなるほど手術は難しくなります。妊娠してから21週6日を超えてしまうと、妊娠中絶はできなくなってしまいます。妊娠が判明してから、子どもを育てられない可能性がある場合は早めに決断することが必要と言えます。妊娠してから11週6日までの妊娠初期であれば、妊娠中絶手術は日帰りで済みます。妊娠してから12週目以降になると、麻酔をかけての手術ではなく出産に近い形での中絶になります。人工的に子宮を収縮させなければならないので、強い痛みを伴う方法です。大阪にある婦人科や産婦人科では、妊娠中絶手術を受け付けているところは多くあります。しかし、母体保護法指定医師の資格を持った医師のいる病院でなければ手術はできませんので、大阪にあるすべての産婦人科や婦人科で受け付けているわけではありません。受け付けてもらえる大阪の病院は、インターネットでまとめて検索することが可能です。また、手術に掛かる費用は病院によっても異なりますが20万前後用意しておくと安心です。病院の公式サイトや問い合わせなどで、事前に費用の確認を行うとよいです。大阪では避妊に効果のある、低用量ピルを処方してくれるところがほとんどです。しばらくの間、妊娠を望まないのであればピルの処方なども医師に相談してみるのがおすすめです。