微笑む女性

発症する女性が多い子宮筋腫|月経時の症状に要注意

赤ちゃんを育てる栄養素

妊婦

妊娠したら、積極的に摂りたい栄養素はたくさんあります。その中でも、代表的な栄養素が葉酸です。葉酸は水溶性のビタミンBのひとつで、赤血球を作り出したり細胞を新しくしたりするために必要な栄養素なのです。この赤血球と細胞を作り出す働きは、お腹の中の赤ちゃんを育てるためと胎盤をつくるためにとても重要な働きになります。そのため、妊娠中には普段と比べて2倍の量の葉酸が必要になると言われているのです。また、お母さんにとっても妊娠中の貧血を解消するために必要な成分であります。この葉酸が不足してしまうと先天性疾患の原因となったり、赤ちゃんの発育が遅れてしまうなどの影響があります。水溶性の栄養素なので、余分に摂りすぎた分は自然に身体の外に排出されますので、多めに摂ることを意識することがおすすめです。葉酸はほうれん草などの葉野菜やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれていますので、妊娠が発覚したら葉野菜や緑黄色野菜を積極的に食事に取り入れるとよいでしょう。ただし水や熱、光に弱く壊れやすい栄養素のために、食事だけでの摂取は効率が悪いのです。最近では葉酸のサプリメントが豊富に出ていますので、サプリメントをうまく活用して十分な量の葉酸を摂取するのがよいです。さらにサプリメントに含まれているものは、特に効率よく身体に吸収される構造のものになっているのです。赤ちゃんをお腹の中でしっかり育てるためにも、たっぷりの野菜とサプリメントでバランスよく必要な栄養を取り込みましょう。